スタッフ絶賛 【変態願望】真面目そうって言われるけど、エッチなことしてみたいんです・・・~純真なハニカミ笑顔、柔らかすぎる身体。両足を180度に開いて後ろから前から欲望のままに突きまくった・・・~ 菜々 レジにて半額

スタッフ絶賛 【変態願望】真面目そうって言われるけど、エッチなことしてみたいんです・・・~純真なハニカミ笑顔、柔らかすぎる身体。両足を180度に開いて後ろから前から欲望のままに突きまくった・・・~ 菜々 レジにて半額

ソクミルスタッフ厳選!スタッフがおすすめするアダルト動画(4,199作品)

26人

AVライター 東良美季

神ボディのセックス優等生奥様

小池さやかさんは38歳の専業主婦。夫と8歳の息子さんとの3人暮らし。AVを観るのが大好きで、「男優さんに気持ちよくして欲しい」という期待が爆発。ご主人が出張に出かけた隙に宮崎県から上京した。夜の営みを訊かれると、「夫は真面目な人で、明日が休みでゆっくり出来る夜しかシテくれないんです」と不満そう。月一のペースというから、四十路手前の女盛りでは無理もない。実はセフレも1人いらっしゃるのだが、年下の男の子でセックスではリードして欲しいと求められる。彼女としては、男性には少し強引なくらい責められたいらしい。ハダカになるとウットリ見とれてしまうほど綺麗なカラダ。実はさやかさん、出産前までスキューバダイビングのインストラクターをしていたのだ。B85W58H87のナイスバディ、贅肉の寸分もないウエストに、決して巨乳ではないが釣り鐘型の美しい乳房が魅力的。ベテランの男優氏がお相手でベッドイン。事前のインタビューでは「イッた経験がない」とのことだが、背後から軽く乳首を摘まれただけで「ウン、アフン」と可愛い声が漏れ、大股開きでクリちゃんを擦られると「ああ、ダメ、ダメッ」と大量の愛液が噴き出す。さらに四つん這いのスタイルで指マン。「イクときには『イキます』って言うですよ」と命じられ、「イヤーン、イク、イク」と突っ伏して全身をビクビク痙攣。「このビンビンの生チ×ポ入れてください」とおねだりさせられて正常位でイン。チ×ポでも即「ダメ、イク」と絶頂。立ちバックでハメられると「おかしくなっちゃう」とまたイキ、ラストは「気持ちいい、出して、出して」と男優氏と同時イキで膣内にタップリ中出しと、終わってみれば見事なセックス優等生だった。

26人

AVライター 東良美季

内気な美人妻がズボズボ出し入れで女の歓びを知り

高村友佳子さんは47歳。結婚20年目の専業主婦。高校生のお嬢さんがいらっしゃるとのことだが、インタビュアーが「二人で歩いてると姉妹と間違われるんじゃないですか」と言うほど若々しい美人奥様である。ご主人との夜の営みを問われると、「もう、ほとんどないです」と淋しそう。付き合っていたときはお盛んだったものの、結婚後はしてもマンネリ、気持ちよくなれることがない。浮気ということも考えたが勇気が出ず、けれどAV出演ならと今回は冒険に挑む。そんなちょっとシャイで内気な友佳子さんだが、脱ぐと驚くほどのダイナマイトボディ。色白でキメの細かい肌も魅力的だが、やはり眼を惹くのはカタチのいい巨乳。まさにパッケージの謳い文句「まんまるFカップむっちり天然おっぱい」そのものだ。ベテラン男優の堀尾宏樹がお相手。「友佳子さんの新たな扉が開くといいですね」とソファーにエスコート。優しく肩を抱いてキスされると、ウットリと舌を絡ませる乙女な雰囲気が可愛らしく、「感じる」という耳を舐められ、巨乳を揉みし抱かれ、お尻の方からオ××コをベロベロと音を立てて舐められる。奥まで探られる指マンをされるとソコはもうビショビショ。フェラチオでは切ない表情で頬張り正常位でイン。ズボズボ出し入れされると「ああ、気持ちいい」と遂に心の扉が開いたようだ。片足を持ち上げられる恥ずかしい格好でズンズン突かれ、「ああ、ダメ、イク、イッちゃう」と絶頂へ。騎乗位で突き上げられてまたイキ、ラストは正常位に戻って膣内にタップリ中出しのフィナーレ

16人

AVライター 東良美季

若い美人よりムチムチなスケベ熟女が好き

主人公の加納貴弘は8年前に一度結婚に失敗し、再婚して2年ほどが経つ。現在の妻は若くて美人。しかもお互い共働きにも関わらず家事もしっかりこなしてくれて、彼は感謝の気持ちしかない。ただ、ひとつだけ不満が。それはセックスに対して淡泊で、もう半年も夜の生活を拒まれているのだ。一方、かつて貴弘と結婚していた姉さん女房の紀子(矢田紀子)も再婚していた。夫はそろそろ初老に差し掛かる年齢だが働き者で、ほぼ毎日残業で遅く帰って来る。寝る前の寝室で、疲れた彼の肩を揉んでねぎらうのが彼女の幸せだ。さてそんなある日、パソコンの出張修理エンジニアの貴弘が一軒の依頼先を訪ねると、現れたのはなんと紀子だった。思わぬ再会に驚きながら招き入れられ、彼女が普段使っているノートパソコンの不具合をチェック。するとブラウスの狭間から覗く、そのムチムチなバストに釘付けになった。昔の記憶が甦る。清潔そうな顔をしているが、実は紀子はスケベな女だった。結婚していた頃は朝でも昼間でも、様々な体位でヤリまくったものだ。我慢出来ず抱きしめキスしてしまう貴弘。「ダメよ、私たち、お互い再婚したのよ」と言うも乳房を揉むと、舌を絡ませて来る紀子。パンティを下ろしてその知り尽くした弱点を舐めてやると、彼女は昔と同じイヤらしいイキ方で応じたのだ。欲望のまま、今では人の妻を犯してしまった罪悪感に貴弘が「ごめん」と謝り帰ろうとすると、「待って」と背後から抱きしめられた。性欲の強い紀子もまた、実は現在の夫の精力に欲求が爆発寸前だった。

16人

AVライター 東良美季

清楚な妻が淫らな変態スケベ女に調教されて

夫婦の寝室。乳房を揉みながら舌を絡ませ、何ともエロいキスを交わしている男女の姿。出張開けの夜、久しぶりの営みに燃えているのだ。そこに主人公・成宮のナレーション。「この女性が私の妻です。とても可愛くとてもイヤらしいのです。でも元々は控えめで、どちらかというと淡泊な方。以前の妻なら、私が出張から帰ってもこんなふうにはならなかったのですが」と。そして半年前の回想シーンが映し出される。成宮は発注ミスをして、会社に大きな損失を与えてしまった。退社勧告も覚悟していたが、専務の本田が庇ってくれた。しかしその裏にどす黒い魂胆があったのだ。陰で「旦那をクビにされたくなければ俺の言うことを聞け」と、妻のいろは(成宮いろは)に愛人契約を持ちかけていたのである。巧みなセックスで次第に性感を開発されていく妻。しかしそれだけではなかった。本田は会長の孫に自分の出世を条件にして、いろはを性奴隷として差し出したのだ。このバカ孫が変態で、昼間からバイブで責められる若妻。「あれれ、奥さん、ずいぶんイキやすいんだなあ? それにしても本田さん、いつも可愛いコを見つけて来てくれるね」「ええ、これからも坊ちゃんのためにスケベな女を連れて来ますよ」と、この二人が以前よりこうして社員の妻を何人も性欲処理道具にしてきたことがわかる。そして清楚で慎み深かったいろはもやがて彼ら好みの淫らなスケベ女に調教され、自分からも貪欲に複数プレイを求めてゆく。可憐なベビーフェイスに似合わぬムッチリ巨乳ボディ、人気女優・成宮いろはのエロさが存分に味わえる一作。

13人

AVライター 東良美季

娘婿に全裸を見られて女の歓びを味わう還暦大年増!

物語はある夜未亡人で一人暮らしの慶子(秋吉慶子)の元に、娘の仁美が嫁ぎ先から家出して来る場面から始まる。夫の拓也が仕事仕事で妻を少しも顧みず、「ひどいでしょう、私、もう離婚する!」と訴える。「わかったわ、明日、お母さんが一緒に行って話してあげる」と言った慶子だが、翌日訪ねてみると拓也は仁美が出て行ってしまったことで既に猛省。仁美もまた、家出してしまったのはやり過ぎだったと後悔。二人は笑顔で仲直りした。「お母さん、今夜は泊まっていって」と言われ、そうすることに。ところが就寝前にシャワーを浴びていると、拓也が気づかず全裸で入って来てしまった。驚き、赤面してしまう二人だが、慶子は久しぶりに若い男性に一糸まとわぬ姿を見られ、密かな女の歓びを感じていた。客間のベッドで「拓也さんに見られちゃったわ」と呟き、切なく乳房を揉みながらオナニーに耽る。エスカレートして大股開き、最後は四つん這いになってクリをイジりまくりイッてしまう。一方、拓也の方も妻では味わえない慶子の豊満な熟女ボディに興奮を抑えきれなかった。寝室へ向かい「さっきはすみませんでした」と言うも謝罪は口実で、「お義母さんの裸が忘れられないんです。一度だけさわらせてください」と申し出る。慶子も拒否することは出来ず、「一度だけよ」と言いながら、乳房を揉まれてしまうともう止まらない。拓也のディープキスを受け入れイヤらしく舌を絡ませるのだった。2019年11月『初撮り六十路妻ドキュメント』にて、「センタービレッジ20周年の主役にして大本命!」と鳴り物入りでデビューした還暦大年増の秋吉慶子さん。熟女エロスの神髄が味わえる一作。

7人

AVライター 東良美季

電車内で指をズホズボ、イッてしまう熟女妻

物語は主婦の美園(高橋美園)によるこんな告白から始まる。「初めて痴○された私は抵抗することも声を出すことすら出来なかった。そして私は、自分でも信じられいほど感じてしまい、その余韻が今も続いている」。それはある午後のこと。電車内で吊革に掴まる美園。真夏で白いブラウスは汗でびっしょり。セクシーな黒いブラジャーが透けて見えた。背後にはマスクを付けた怪しげなサラリーマンの姿が。ミニスカートのお尻に軽くタッチ、そして強く掴まれたところで痴○だと気づいた。しかし手で振りほどいても攻撃の手を休めず、スカートはまくり上げられ、男はさらに大胆になって美園のブラウスのホタンを取り、ブラまで押し下げ乳首をイジる。遂にはパンティを下ろされ後ろから指をズホズボ出し入れされ、なんと美園はイッてしまい、その場にしゃがみ込んでしまうのだ。するとあろうことか男は大胆にも自分のイチモツを露出し、彼女に咥えさせるのである。場面変わって電車から降りたのだろう、とある廃工場へ逃げ込む美園。追って来るマスクの男。「静かにしろ」と脅され、服を乱暴に剥ぎ取られ立ちバックのスタイルで犯されてしまう。これは果たして現実か、それとも彼女の妄想か? そして後日、身体にフィットしたセクシーなニットに身を包み、再び吊革に掴まっている美園の姿があった。その表情は何かを期待しているようにも見える。やがて背後に現れるあの男。クライマックスに展開される白昼の電車内、衆人環視、数十人の男たちに視姦されながらの公然猥褻セックスは圧巻!

16人

AVライター 東良美季

夫のリストラで風俗嬢になった美人熟女の性癖

鼻筋の通った派手な美人顔ながら水っぽく見えず、清楚な母親役の似合う中山穂香さん(52歳)。そんな彼女が魅せる禁断の母子相姦シリアスドラマ。物語はこうだ。ヒロインの穂香は専業主婦。サラリーマンの夫と大学生の息子と平凡だが幸せな暮らしをしていた。しかしこのところ元気のなかった夫から、ある夜「大事な話があるんだ」と切り出される。会社の事業が縮小することになり、中間職以上の早期退職を勧められた。体のいいリストラである。「まさに青天の霹靂でした」と愕然とするも、穂香は「私もパートを探すわ」と夫を励ます。スマホで検索すると、50代の女性でも出来る日給35,000円の高額バイトが。明らかに怪しいが彼女は好奇心に駆られ、気がつくと連絡していた。面接を受けるとやはり熟女デリヘル。家族のためと自分に言い聞かせて、初めての客の元に向かう。しかし同時に、穂香の中では夫以外の男性の家に行くという背徳的な行為に、忘れていたトキメキがあった。相手は優しそうな太った若者。「人妻なんですよね、興奮するなあ」と無邪気に抱きつくその姿に、いつの間にか不安より期待の方が高まり、何より忘れていた女としての歓びに夢中になっていた。その後も仕事は順調に進み、ふさぎがちだった夫も明るくなって元気に再就職先を探すようになった。しかしある日のこと、派遣先のホテルを訪れてみると、そこで待っていた客はなんと息子の武志だったのだ。「どうして母さんがこんなことを!」。驚く彼に父親の事情を説明し「チェンジしてもらうわね」と告げる穂香。ところが武志は「俺、母さんでもいいよ」とひと言。「何を言うの、私たち親子なのよ」と告げつつも、(実の息子と!)そう考えたとき、母の子宮の奥は切なく疼いていた。

50人

ナベ

冒頭から不安げな表情のまひろちゃんですが、人生初生挿入の快感がその不安を軽々と上回っていく瞬間に興奮です。最初はまずコンドームを付けて挿入し、その後コンドームを外して改めて挿入するのですが、明らかに反応が違います。ゆっくりピストンするだけであっという間に絶頂に追い込まれていく未知の快感。酔いしれていく表情、中出しの際の「どくどくしてるぅ…」というリアクションもイイ。個人的には中盤のぬるぬるマットプレイからのナマ挿入も好きでした。2000年生まれの美少女の人生初中出しセックスの模様をぜひ。

70人

ナベ

まずぜひサンプル動画を見て頂きたいのですが、まさしくひよこ女子!という感じのリアルな質感の女の子。そしてサンプル動画の2:20あたり!180度開脚状態でバックで突くシーンがめちゃくちゃ良いです。突かれるたびに波打つプリプリのお尻がたまりません。おとなしそうな雰囲気の女の子が頬を真っ赤にしてオジサンにイカされまくる3時間44分。見応えバッチでした!

 
80人

AVライター 東良美季

巨大水茄子Jカップ爆乳の熟女神再降臨!

胸の大きく開いたセクシーなロングドレスに身を包み、「ただいま、です。戻って参りました」と艶然と微笑む鮎川るいさん。2005年センタービレッジ『中出し近親相姦』でデビュー以来、そのたわわな巨乳と溢れ出るお色気で大人気。タカラ映像、マドンナ、ルビー、FAプロと熟女メーカーを総なめ出演するも2008年に引退。このたび12年のブランクを経て「復活!」したのだ。しかもただ復帰しただけではない。バストはHカップからJカップに、全身も「ちょっとぽっちゃりしちゃいました(笑)」とバージョンアップしての再降臨である。脱ぐと巨大水茄子のような強烈オッパイ。しかも大股開きになるとパンティには既に大きなシミが。引退の理由やこの間に何をしていたのかなど質問が飛ぶのだが、「もう、長いんですよインタビュー、早く大好きなオチンチンくださいー」と強制終了。聞き手は男優の堀尾宏樹だが、このベテランもタジタジでカメラ前に引っ張り出される。高級感溢れる革張りソファーへエスコート。背後から巨乳を揉みし抱き、乳房をベロベロと舐めながらクリちゃんを刺激すると、「アーン、ウフーン」とベテラン熟女ならではの豊潤な喘ぎが。股間に手をあて「アラ、もうこんなに?」と熟練のフェラからパイズリ、騎乗位で跨り乳房を揉ませたかと思うと、花びら回転で巨尻を振り下ろす大迫力。バックから突かれると「脚がピクピクしちゃう」と四肢を振るわせ、「イッちゃう、イッちゃう」と絶叫でタップリ中出し。中盤には張り方オナニーや若い男優とお風呂場で泡まみれのイチャつきを挟み、クライマックスは狂乱の3Pへ。

36人

AVライター 東良美季

セックスの奥深さを知ったセレブ妻の変態レッスン

『初撮り五十路妻ドキュメント』(2020年7月23日発売)で専業主婦からAVの世界に飛び込んだ福富りょうさん。夫との夜の営みの無さに欲求不満での出演だったが、いざベッドインとなると「主人以外の男性とキスだけは、ごめんなさい」とやんわり拒否。お相手のベテラン男優・堀尾宏樹を戸惑わせたものの、いざ正常位でチ×ポを挿入されると「もうダメ」とばかりに自分からイヤらしく舌を絡ませた。あれから1カ月。相変わらずの美貌、いや50歳にしてセックスの奥深さを知り、一段と綺麗になったようだ。冒頭からセクシーな花柄レースのパンティ&ブラセットに身を包み、両手を頭の上で縛られ両脚はM字開脚という刺激的なスタート。そんな恥ずかしい格好でも感想を聞かれると「楽しいです」とニッコリ。「気持ちよくなる魔法の水ですよ」とローションを垂らされ身体中ヌルヌルに。指マンで激しく奥まで突かれると、「イヤー、イヤーン」と絶叫して潮吹き。続いて巨大バイブを振動させながらズコズコと出し入れされると、何度も何度もイッてしまう始末。さて、結婚前は某アパレルメーカーで社長秘書をしていたというりょうさん、中盤はダンディな社長とエッチなベテラン秘書というシチュエーションプレイ。「福富クン、もうずいぶんと湿っているね」とパンティの中に手を入れられ、デスクに手を付いてお尻を丸出し。バックから突かれ、騎乗位で腰を振る。そんな白ブラウスとミニタイトという社長秘書スタイルのまま浴槽に入ってのウェット&メッシー風のフェラチオを挟み、クライマックスは真紅のセクシーなスケスケキャミソールで人生初の3P体験へ。

新入荷最新作もも 
 
56人

ノリスケおじさん

腰振りながらの「とけちゃう」が可愛すぎた

こんなにもルックスが可愛くて明るい子がクラスでイケてない陰キャだったなんて信じられない。彼女、本当にセックスが好きなんだと確信できる。表情や仕草がエロくて可愛くて、彼女の腰振り以上に僕の手コキが止まらないよ。腰振りながらの「とけちゃう」が可愛すぎた

32人

AVライター 東良美季

愛する息子の情熱的なクンニに狂わされて

物語はヒロイン、母・保奈美(西村保奈美)と大学生の息子・雅人の夕食風景から始まる。食卓には美味しそうな手料理が並ぶも、二人は会話もなくパスタやサラダを口に運ぶだけ。保奈美のスマホが鳴る。「そうなの? わかったわ」と言った後何か訊こうとしたが、相手は一方的に通話を切ったようだ。「父さん?」と雅人。母は「出張、また少し伸びるんだって」と淋しげな表情で答える。そう、彼女の夫は長期の出張中なのだ。食事を終え寝室のベッドにひとり。思わず自らその豊かな乳房を揉み、オナニーに耽る保奈美。ドアがノックされ、雅人が勢い込んで入って来た。「母さん、ボクはもう我慢出来ない」と抱きしめキスされた。「父さんがいなくて淋しいんでしょ、ボクが代わりにシテあげるから」と乳首に吸い付く。「雅人、ダメよ、ダメ」というも、次第に感じてしまう保奈美。パンティを脱がされ情熱的にクンニされるとその快楽の焔は燃え上がってしまう。四つん這いにされて指マン、「ダメ、激しくしちゃダメ、もうダメだから」と歔きながらイッてしまう。「母さん、見て」とビンビンにそそり勃った男性を見せつけられ、喉の奥まで突かれるディープスロート。そして遂にはバックからズッポリとハメられ、最後は精液を膣内に中出しされてしまった。そんな事件があっても食事を作り、息子との生活を淡々と続ける保奈美。しかし台所で洗い物をしていると背後から抱きすくめられた。スカートの中に手を入れ、「母さんだってこんなになってるじゃないか」と耳元で囁かれるともうたまらなかった。タイトル通り女の歓びの欲しい母と若い絶倫息子との、抜かずの六発中出しセックス生活が始まった。

 
66人

AVライター 東良美季

熟女界のアイドルが魅せる可愛いお色気攻撃

熟女界のアイドル・三浦恵理子さんがセクシーランジェリーで男たちを誘惑、エッチなプレイで魅了する4話オムニバス。彼女のキュートなお色気が爆発する一作だ。まずは「修理業者・篇」から。エアコンが壊れたので修理に来てもらった恵理子サン。「実はシャワーの出もよくないの。見て頂けるかしら」とお風呂場へ。「ああ、これならパッキンの交換をすれば大丈夫ですよ」という若い業者クン、確認している拍子にシャワーの水が彼女のTシャツに。「ごめんなさい」と謝るも「大丈夫よ、ちょっと濡れただけだから」とニッコリ笑って脱ぐと、下は乳房丸見えの紫色セクシーなボディスーツ。後ろを向くとお尻も穴空きで丸見えだ。「奥さん!」とタマらず抱きしめると「いけませんわ。私、主人がいるのよ」とジラしつつ、跪いてブリーフを下ろすと彼のモノはもうビンビンだ。「まあ、男前はおチ×ポもハンサムだわぁ」と頬張り魅惑の乳房にドバッと発射。「いけない人。私、結婚してるのにィ」とザーメンを舐めてみせる仕草もイヤらしい。続く「訪問販売員・篇」では下着のセールスマンを「興味があるわ」とリビングに通したものの、「でもね、私、実はもう素敵な下着を付けてるの」とスケスケのブラとTバックを見せつけ相互オナニーへ。「夫の上司・篇」では我が家に招いて家飲み。旦那が酔いつぶれたところで「泊まっていらして」と上司をベッドルームへ。「主人とは長く営みがないの」と甘えて濃厚なセックスへ。ラストの「息子の友達・篇」では、見られているのを承知で四つん這いスタイルになって床を拭き掃除。ミニスカのお尻を振って、そこから覗くエッチなガーターベルトで若いチ×ポをオッ勃てる。

32人

ナベ

2周年記念ということで10人10SEX収録の特別版!女の子の平均点も高めな気がします。恥じらいながらも賞金10万円につられてハメられてしまう素人娘たち。10時間収録で長ーく使えるコスパ良い作品じゃないかと思いますのでナンパ系好きな方はいかがでしょーか!

53人

AVライター 東良美季

「お父さんのと全然違うわ!」息子の夫の巨根に魅了され

物語は朝食後の一家団らんから始まる。出勤前、スーツに着替え珈琲を飲む夫の仁志。洗い物をする妻の恵。そして拭き掃除をする恵の母・ゆら(奥山ゆら)。彼女は2年前に夫を亡くし、東京の娘夫婦宅に同居を始めた。話題はもうすぐ行われる三回忌。「私、本当に二人には感謝してるのよ。お父さんが亡くなってずっと淋しかったから」。そう言ったゆらだったが、フト眼にした仁志の股間に釘付けになってしまう。朝勃ちなのか、ズボンのテントがビンビンなのだ。さらにその夜、彼女は仁志がトイレでオナニーに耽っている現場を目撃してしまう。実は絶倫なあまり、彼は妻から夜の営みを拒否られていたのだ。反り返る逞しいシャフト、雄々しく発射される若いザーメン。ゆらは眼を見張りウットリと見つめていた。そして次の休日、洗濯物を夫婦の寝室へ持っていくと、仁志がTシャツのお腹を出して昼寝していた。「まあ、寝冷えしちゃうわ」と布団を掛けてあげようとしてハッとする。またもや彼のモノは、ブリーフを突き破らん限りに屹立していたのだ。思わず指でツンと触ってしまうゆら。さすっても「仁志さん」と声をかけても起きない。そこで遂にブリーフを下ろす。「ああ、スゴイわ」と握りしめ、「どうしてこんなにおっきいの? お父さんのと全然違うわ」と感嘆。「ちょっとだけなら」と舐めるともう止まらない。舐め上げて夢中で頬張ると、仁志は義母の口の中でイッてしまう。その晩、我慢出来ず自室でオナニーに耽るゆら。するといつの間にか仁志が立っていた。「お義母さん。昼間、ボクのチ×ポで遊んでましたね。途中から気づいてたんですよ」。こうして欲求不満な未亡人と娘婿。二人は有り余る性欲を貪るように家庭内SEXを楽しむようになるのである。

 
64人

AVライター 東良美季

慈悲深い優しさと秘めた女の淫らな性欲

本作で18作目となるタカラ映像の人気シリアスドラマシリーズ『代理出産の母』。今回のヒロインは2017年のデビュー以来、清楚な風貌とそれに似合わぬエッチな肉体で人気の美熟女・美原すみれさん(46歳)。彼女の持つ慈悲深い優しさと、心の奥に秘めた女の淫らな性欲が堪能出来る一作である。若い夫婦、武志と美由紀は子どもを授かりたいと夜の営みに励んでいたがなかなか恵まれず、産婦人科を受診すると二人で検査を受けるよう勧められた。結果は妻・美由紀の方に不妊の原因が。哀しみにくれた夫婦は思いきった行動に出る。それは美由紀の母・すみれ(美原すみれ)に代理出産を願い出ることだった。しかも武志と実際にセックスをして、である。「私、本気で赤ちゃんが欲しいの。お母さんにしか頼めないの」と涙で懇願する娘に、母も覚悟を決めた。基礎体温を測り排卵日を調べ、いよいよ武志とベッドインする日がやって来た。「私、外で待ってるね」と美由紀が出ていく。気まずい空気の中、カーテンを閉め灯りを落とす。ぎこちなくキスを交わす二人。すみれは自分から服を脱ぎ、彼を受け入れた。子どもを作るためだけの淡々としたセックス。しかしそんな日が1日、2日、3日と続くと、4日目には正常位だけではなくバックからも突かれ、「ああ、いいッ」と感じまくるようになるすみれ。そして7日目になると騎乗位で淫らに腰を振り、後戯のキスも艶めかしく求めるように。そう、彼女の中では夫を亡くして以来久しく忘れていた「女」が燃え上がっただけでなく、娘の夫である武志への狂おしい愛情が芽ばえていたのだ。

81人

SOD女子社員 浅井心晴

記念すべき100本目!!

ついに!SODstarのトップ紗倉まなさんの記念すべき100本目!!本当に尊敬します!!! いつもかわいらしく優しくて、時に知的でミステリアスなまなさんのデビューしてから今までを振り返りながら新しい一面にも迫るドキュメント作品です。 まず監督によるまなさんへの質問攻め。何気ない質問だけどそういえば聞いたことなかったなというようなQ&Aに新鮮さを感じます。男優さん登場では終始笑いが止まりませんでした。作品によってはセックスマシーンと化す男優さんですが何年もの月日を経て関係性を築き上げた時こんなにもアットホームで愛があるSEXになるのかそして、こんなにもまなさんは愛されているんだと感じながら見るとなんだかとてもエッチに見えます。きっと素に近しいものがあるのではないかと思います。この作品ではエッチもですがまなさんの赤裸々トークがとても印象的でした。100本撮っても撮りきれない何か、そして新しい魅力…。これからも紗倉まなさんから目が離せない!そんな作品に仕上がっていると思います!

 
163人

ナベ

遊びに行った友達の家で、若くて綺麗な友達のママに押し倒され…というある意味王道なストーリー。人気のミリオンガール七瀬いおりちゃん息子の友人で欲求不満を解消するイケナイ若妻役を好演してます。人妻役は初めてですがいい感じ!このシチュエーションにピンとくる方はぜひ!

114人

ナベ

この二人の共演という事でおっぱい好きの方は要チェック。特にやはり冒頭からの3Pは豪華ですね…!右手で森本つぐみ、左手で稲場るかのオッパイを揉むシーンだけで満たされるものがあります。圧巻のダブルパイズリや二人の爆乳にサンドイッチ状態でハメるシーンなどダブル爆乳を堪能!中盤の主観アングルでのパイズリも好きでした。欲を言えばプール以外のロケーションも観たかった…というわけでまた共演してほしいです!

新入荷最新作アマゾネス 
10人

SOD女子社員 浅井心晴

皆さんも一度は思ったことがあるのではないでしょうか?大自然で暮らす私たちがまだ知らぬ民族のSEXってめっちゃエロいのではないか…って。ちなみに私はめっちゃ思っています。めちゃくちゃきわどい服着てたり、ほぼ裸で過ごしてる人たちっているわけじゃないですか!?そんな妄想を形にしてしまったのがこのアマゾネスです。 アマゾンの奥深くに向かった探検隊は美しすぎる部族ソッドと出会います。子孫繁栄のために恐ろしいほど強い性欲を持ったアマゾネスたちの餌食となった探検隊は何日もの間彼女たちに精子を絞り取られる…。一見うれしいようでリアルの考えたら怖いですよね。 仲間が殺されている状況を見るとおとなしくSEXなんてしていられませんよね。この作品に出ている女優さんはみんなレベルの高いしおっぱいとヒップがとにかく素晴らしいです!もの語りもしっかりしているし、カメラもめっちゃいい映画のカメラを使っているので映像も、ものすごくきれいです。 一本の映画を見ているような感覚になる大人気アマゾネス!ぜひ見てみてください。

 
53人

AVライター 東良美季

愛する中折れ夫より無骨な絶倫義弟に惹かれて

冒頭でヒロイン・里枝子と夫の夜の営みが描かれるのだが、ココで見られる平岡里枝子さんの肉体が本当に素晴らしい。正常位のセックスでも少しも垂れることなく、堂々と上を向きプルンと揺れるプリンのような乳房。適度に肉の付いた熟女ならではのウエストに、パーンと張った太股とヒップも魅力的だ。そんな素晴らしい妻なのだが、年上の夫は最近寄る年波には勝てず、その夜も盛り上がりかけたところで中折れしてしまった。「すまんな。お前はまだ44歳。女盛りなのに満足させてやれず」と言われても、「いいのよ。私はあなたと一緒にいられるだけで幸せ」、そう微笑んで抱きしめる優しい妻だった。そんなある日のこと夫の弟・昇太が上京、しばらく居候することになる。勤めていた工場が倒産。実家のある田舎では就活もままならないからだ。しかし30歳を過ぎた男に、この不況の折すぐに見つかる仕事はない。夫婦は元気づけてやろうと少し贅沢なワインを開けてささやかな酒宴を催す。ところが主役ではなく夫の方が泥酔してしまい、酔いつぶれた身体を里枝子と昇太が運ぶことに。そのときだった。昇太はジーンズに包まれたムッチリのお尻と、そこから覗く色っぽいパンティに眼を奪われた。酔いも手伝って抱きしめてキス。驚いた里枝子は「やめなさい」と頬を張ってしまう。それだけで終わるはずだった。しかし翌日夫が風呂に入っているとき、昇太はまたもや迫って来た。そそり勃ったビンビンのチ×ポを差し出され、「お義姉さん、これが俺の気持ちです」と言われると思わず握りしめてしまう里枝子。夫のセックスで内心欲求不満だった彼女の中で、メスの焔がメラメラと燃え上がっていた。

 
54人

AVライター 東良美季

驚異のMカップ・123センチ爆乳奥様登場!

「令和最大の衝撃!」とパッケージにあるが看板に偽りナシ。田中倫代さんは36歳の専業主婦。何より眼を惹くのはそのオッパイだ。サイズはナント123センチ、ブラカップは驚異の「M」である。しかも、ご主人との仲は良好でお子さんが8歳になった今でも夜の営みは週1ペース。ところがそれでも「欲求不満なんです!」と訴える大のセックス好きなのだ。ただし結婚後は「旦那さんに申し訳ない」と浮気経験は皆無。でも今回「好奇心が勝っちゃって」と応募でAV初出演となった。裸になるとその巨大さはまさに事件。水茄子、というより巨大ヘチマのような乳房。ウエスト周りのぽちゃぽちゃお肉もマニアにはタマらないだろう。若手男優クンが登場して背後から揉みし抱くのだが、ローアングルで捉えた迫力の映像も素晴らしく、この大きさにも関わらず「アハン、ウフン」と色っぽい息が漏れる感度の良さも絶品。大股開きにされ、オ××コまでずいぶんとお肉がある太股も他の女性では味わえない魅力。クリちゃんをイジられると「アハーン、気持ちいい」と可愛らしい声が出て、指で探られると「奥、ヨワイです。イッちゃいそう、イク、イク」と蜜を溢れさせて絶頂。ベッドインでは舌を絡ませ合うキスから始まり、「旦那さん以外のモノ、初めてでしょ」とフェラを誘われると「スゴイです、おっきいです」と愛しそうにしゃぶって正常位でイン。騎乗位では「好きに動いてごらん」と言われ、そのホルスタインボディを派手に揺らして「イク、イク」。バックでズンズン突かれて悲鳴をあげ、ラストはもちろん膣内にタップリと中出し。後半にはそんな特大エロ乳を強調する全身網タイツ姿でのローターオナニーに、ローションでヌルヌル爆乳プレイも。

 
106人

AVライター 東良美季

セックスの天才・乳首イキまくり美人妻

永野あかりさんは31歳。結婚5年目の専業主婦で3歳のお嬢さんのママ。癒し系の笑顔が魅力的な美人奥様である。ところが毎日必ずオナニーするというエッチ好き、夫婦仲はいいものの、夜の営みの方が「子どもがいるのでなかなか難しくて」と今回の応募となった。というのも15歳で当時付き合っていた彼氏との初体験から「普通に気持ちよかったです」というセックス優等生。「とにかくエッチが大好き。おっきいオチンチンでいっぱい犯されたいです」と熱烈アピール。「基本全身が性感帯ですが、特に乳首だけでイケるくらい感じちゃいます」と言うだけあって、裸になるとお椀型の美しい乳房に、乳首は既にイヤらしくピンピンに勃起している。ベッドインでは舌を絡ませるキスで早くも「アフン、アハン」とエッチな声が出て、背後から乳首を摘まれると有言実行。「ダメ、気持ちいい、イク、イク」と腰をガクガクさせてアッという間に昇天。「連続でイケますか」と両手を頭の上に組んだ無防備な体勢で摘まれると「ああ、イク、イク、イッちゃう」とまた絶頂。大股開きでパンティを脱がされるとトロ~リと糸を引く愛液が溢れ、四つん這いの恥ずかしいポーズで指マンされると「気持ちいい」を連発。オ××コはクチュクチュとイヤらしい音を立て、ベッドをビショビショにする潮吹きを披露。正常位での挿入でも乳首を摘まれながら即イキ、バックで突かれてイキ、騎乗位では自分でお尻を豪快に振り下ろしてイク。ラストは「オ××コの中にいっぱいザーメンください、ダメ、イク、イク」と大量中出し。パッケージの謳い文句は「セックスの天才、あらわる!」。今後の活躍が楽しみだ。

23人

AVライター 東良美季

エッチな先生の超快感寸止めヌルヌル手コキ

2018年、アイデアポケットから『脱いでもスッゴイ!水着コンテスト優勝現役女子大生AVデビュー!!』で登場した黒崎みかちゃん。スレンダーボディに似合わぬ巨乳とため息の出そうな美脚が魅力の彼女が、エッチに保健の先生になってボクらを悩殺してくれる。ベビーフェイスにマッチョな筋肉で人気の若手男優、優生クン演じる生徒が待つ保健室に入って来るみか先生。白衣の下はブラックの超ミニスカにスケスケのブラウス、足元はセクシーなピンピールという刺激的なスタイルだ。「ちょっと熱っぽくて」という彼に自分のオデコを当て、舌をイヤらしく出して誘惑。「微熱があるみたいね。胸を出しなさい」と聴診器で乳首を刺激。「アラ、何ビクビクしてんの」とニヤリ。「診察よ」とさらに指で乳首を責め、「舌出して」と命令。「じゃあ、お薬あげるわね」とツバを垂らすご褒美だ。チ×ポがビンビンに勃ったところで「そこに横になりなさい」とベッドへ。「じゃあ先生の手マ×コで治療していくから」と両手にタップリとローションを。超気持ちよさそうなヌルヌル手コキ。生徒がタマらず「ああ、イク!」となったところで「何勝手にイこうとしてんの」と悪魔の微笑みで寸止め。フェラチオから顔面騎乗でオ××コを舐めさせて楽しみ、お尻を突き出し「後ろからいっぱい突きなさい」とバックからのセックスを命令。最後は膣内にタップリ中出しだ。後半は男子生徒二人を相手にエロ下着で誘惑。Wローター責めにW電マ責めで楽しみ、Wフェラから3P交互セックスへ。

 
27人

AVライター 東良美季

四十路変態ママ二人のセーラー服昭和女学生4P!

平岡里枝子(45歳)、松沢ゆかり(46歳)という人気熟女の豪華共演だが、これはエグ味の強い作品だ。まずは平岡ママが息子の健太にお茶を持って来るシーンから始まるのだが、この「ケンちゃん」が体重100キロはありそうな巨漢にアンドレ・ザ・ジャイアント風のモジャモジャヘアー。そんないかつい風貌ながら「ママ、お茶飲ませて」と口移しの赤ちゃんおねだり。普段は清潔感があって理知的魅力の里枝子サンも、今回はメイク濃いめで眼がイッちゃってる雰囲気。溺愛母とマザコン息子はベロキスからシックスナインを楽しみ、やがて「健ちゃん、ママ、オ○ッコしたくなっちゃったわ」「飲ませてママ、いつもみたいに」とバスルームへ行き、立ちションで床に寝転んだ息子の顔に浴びせかける変態母子。一方の松沢家ではゆかりママが息子のためにビデオカメラを買ってハメ撮り。こちらの「アキラちゃん」もまた100キロ超えの巨漢に坊主頭というパンチの効いたヴィジュアル。そんな肥満息子を四つん這いにさせてアナル舐め。「アキラちゃんのお尻美味しい」と舐めまくる変態ママ。「交代ね」と今度は息子に自分のアナル舐めさせ、フェラチオでタップリ出したところで平岡母子が遊びに来る。「実はお互いの息子を交換してみようかって考えてたの」という展開となる。それぞれ相手の息子を全裸にして跨り、いかにも臭そうな腋の下から乳首、チ×ポまでベロベロ舐めまくる貪欲な母二人。極めつけにエグイのは、ゆかりママがブラックのコルセットに網タイツ、里枝子ママが真紅のガーターセットというエロ下着に身を包み、さらにセーラー服を着て挑む昭和女学生4Pだ!

25人

AVライター 東良美季

清楚な美熟女に乳首の快楽を教えられ

主人公の健は30歳の童貞青年。昨年勤務先の工場が倒産し、田舎から仕事探しのために上京。叔父夫婦の家に同居させてもらっているが、不況のせいかはなかなか見つからない。叔父さんには「君は覇気がないんだ。だから就職も決まらないし彼女も出来ないんじゃないか」と厳しく指摘されるも、子どもの頃から密かに憧れていた美緒叔母さん(森下美緒)は、「いいのよ、健クン。あなたに合うお仕事が必ず見つかるわ」と優しかった。ところがある夜、健は夫婦の寝室の隙間から、そんな美しくて清楚な叔母さんが叔父さんのチ×ポを美味しそうに頬張っているのを目撃してしまう。しかも「久しぶりに入れてみようか」と言われ「いいの?」と嬉しそうに騎乗位で跨る。ただ、叔父さんは歳のせいか数分で中折れしてしまうのだ。そんな場面を見てしまった健は眠れないまま台所で水を飲む。するとどこからかエッチな声が。途中で終わってしまった寂しさからだろう、美緒叔母さんが大きく股を開き、クリトリスをイジってオナニーに耽っていた。思わず「叔母さん!」と声をかけてしまう健。「ボク、子どもの頃からずっと叔母さんが好きだったんです」と告白した。すると叔母さんは「健クンったら、私が変な姿見せちゃったからなのね。じゃあ一回だけ、今夜だけあなたを気持ちよくさせてあげるわ」とキスしてくれた。Tシャツを脱がせ、「男性も乳首が感じるのよ」と舐めてくれて、ビンビンになったチ×ポを手コキ、最後は口の中に発射させてくれたのだ。後日、仕事探しから戻った健は意を決して告げる。「今度は叔母さんのオ××コを見せてもらえませんか?」。すると彼女は優しく微笑み「しかたない子ね」と憧れの筆下ろしへと導いてくれるのだった。

73人

AVライター 東良美季

レジェンド熟女の魅せる圧巻の献身セックス

レジェンド熟女と呼ばれその地位を揺るぎないものにしながら、最近お尻やウエストにいちだんとお肉が付き、バストもいっそう大きく膨らんでいる翔田千里さん。そんな彼女の熟した女の魅力を存分に味わえる傑作である。物語はこうだ。ヒロインの千里(翔田千里)は旦那様に献身的に尽くす貞淑な妻。そしてこの堀尾宏樹演じる夫の亭主関白ぶりがすごい。朝は「おーい、新聞に珈琲」とひと言で持って来させ、昼食時はテーブルに置かれた大皿のパスタでさえ、「おかわりだ」と妻に取り分けさせる傍若無人。そして夜に至っては「舐めてくれ」とフェラチオを求め、自分だけ勝手いイッてしまう。それでも千里は「気持ちよかったですか? よかったわ」と微笑む優しい女だった。そんなある日、夫の弟・太志(細田あつし)が仕事の都合で数日居候することになった。兄とは正反対で気持ちの優しい好青年。千里は独身の彼を心づくしの手料理でもてなすのだが、どうやら夫はそれが気に入らないらしい。ある朝、珍しく千里が寝坊して遅く起きると太志は既に会社へ出かけて留守。夫がひとり居間のソファーに座っていた。「ごめんなさいね。今、朝食を作りますね」と台所へ行こうとするところを乱暴に手を掴まれた。「飯はいいから」と朝っぱらから求められる。このセックスが圧巻。ソファーで四つん這いにされバックから豪快に突きまくられ、「何だもうイッたのか、勝手にイクんじゃない」と責められる。最後は派手に顔面発射。しかも「勝手にイッた罰だ。もう一回可愛がってやるよ」と今度は騎乗位で突き上げられ、それでも「あなた、ああッ、あなたッ」とザーメンまみれの美貌で腰を振りまくるのは、まさにレジェンド千里の真骨頂だろう。しかしそんな姉の淫らな一面を、忘れ物を取りに帰った義弟が偶然眼にしてしまう。

145人

ナベ

普通の女の子っぽい素朴な雰囲気と締まった美ボディのギャップにソソられる新人ちゃん。形の良いFカップ美乳、その先端でツンと硬くなって主張するピンク色の小さめ乳首がまたエロい。大げさに反応するタイプではないですけど確実に感じちゃっていることが分かる甘い吐息と表情、赤く染まる頬…2作で引退なんてもったいない!新人らしさてんこ盛りで見応えあるデビュー作!オススメです!

45人

ナベ

前からあこがれていた隣の美人奥さんが専属メイドになってエッチ三昧という人妻ものとメイドものの良いとこどりなシチュエーション。主人公に都合の良すぎるストーリーもさすが老舗!という感じで好感。実はありそうでなかなか無いシチュエーションだと思いますので気になる方はぜひ。

ソクミルスタッフ厳選!スタッフがおすすめするアダルト動画(4,199作品)

開催中のセール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です